ネットサーフィンの大会結果

かつては「サーフィン」と検索すると常に1位だったのに

ここ最近は1ページ目にすらいないときもあります。

遂にサーフィン@マガジン一強の時代も終わりかとがっくりしていましたが

アクセス解析を見ると逆にアクセスは右肩上がりで伸びております。

むむむ?これはどういうことかのぅ?と調べてみたところ、

ユーザーのニーズに対して適切なページを表示する

というGoogleのアルゴリズムの変更により、

トップページよりも下層ページの方がはるかにニーズが高いようで

それらのページ達がもの凄いアクセスを叩き出しているようです。

ぶっちゃけトップページだけに頼る時代は終焉を迎えたのでしょう。

具体的な数値は書けませんが、スクールページとか初心者講座とか

そっちの方がページビューも半端なく多いですもんね。

おそらく当サイトのクライアント達はすごい恩恵を受けているかと思います。

リ○○ィさんあたりは「いぇーい1位だぜ!」とか喜んでいるかもしれませんが

いやいや、うちの方が全体的なPV数じゃ10倍くらいありますから ふふふ

知らぬが仏ということで黙っておこう・・・

いや~でも本当に解りづらくなってきました最近の検索エンジン。

ネットサーファーコンペティターとして頑張らないと!