サーフィン@マガジン
  1. HOME
  2. サーフィン初心者講座
  3. 基本ルール

絶対守ろう!サーフィン5つの基本ルール

1.ワンマンワンウェイブ!
大原則として、1本の波には1人しか乗ってはいけない。これはサーフィン中の事故防止のためにはるか昔から暗黙のルールとして語り継がれている王道のようなルール。厳密に言うと崩れるブレイクに1人なので、三角形に両方に割れる波の場合はレギュラーとグーフィーとで1人づつ乗ることができる。

ワンマンワンウェイブ

2.前乗り禁止!
既にテイクオフして波に乗っている人がいるのに、そのサーファーの進行方向のポジションでテイクオフすることを「前乗り(ドロップイン)」といい禁止されています。まだ乗ってないから大丈夫!といってテイクオフして乗っていってしまう人もいますがそれも同罪です。厳しいポイントでは怒りの制裁を受ける可能性もあるので注意してください。

ドロップイン

似たような行為でスネーキングというのもありますが、大きな波の時は危ないのでこれも止めた方がいいです。ロングボードにスネーキングして怪我を負ったショートボーダーの例もありますので。

3.ライディングラインからはゲットアウトしない!
サーフィンしている人のライン上、延長上でのゲットアウトは重大事故の原因になるので絶対してはいけません。途中でワイプアウトしてしまい、どうしても通らなければならない時はなるべく早く通過すること。ゲット中に別のサーファーが波に乗ってきたら、乗ってきたサーファーの進行方向と逆にパドルして回避するか、早めにダイブ(ドルフィンスルー)して邪魔にならないようにすること。ここで事故ったら90%あなたが悪いです。


4.集団入水しない!
各地のポイントは実は狭いし小さい。場所によっては5人も居ればぎゅーぎゅーのポイントもあります。そんな場所に一気に5人とか10人で入水してくるサーファーがいますがこれは重大なルール違反。行く先のポイントにはそれぞれ暗黙のルールがありますので、そのあたりの情報収集をしてから行きましょう。

集団入水 - 湘南エリアは例外?
湘南は日本で最も混雑しているサーフポイントです。ポイント数や波数に対してサーファーの数が圧倒的に多いので、湘南で「集団入水するなよ!」というのはお門違いな感じになってしまいます。スクールも多いし、湘南においては諦めましょう。空いてるエリアでサーフィンした人は地方のポイントへ遠征しましょう。


5.帰るときは来た時よりもきれいにして帰る!
サーファーは波で遊ばせてもらっている以上、恩返しが必須だと思います。海にゴミを捨てないのはもちろんのこと、砂浜が汚れていたら掃除して帰りましょう。最初は少し照れくさい活動かも知れませんが、サーファーとしては大事な心がけです。毎回少しづつゴミを拾えばキレイなビーチが復活します。サーファーがやると、一般人もそれを見て真似をします。

ビーチクリーン

注目のサイト