サーフィン@マガジン
  1. HOME
  2. サーフィン初心者講座
  3. ビジター心得

ビジターサーファーの心得について

サーファーは「ポイント近くに住んでいる」ローカルサーファーと、そうではない「ビジターサーファー」の2種類に分かれます。ビジターという語源は「訪れる」という意味のvisitからきています。ローカルサーファー達が守っているポイントに訪れ、一時的に遊ばせてもらうビジターは大前提として「謙虚」である必要があります。またローカルサーファーにとってビジターは地元にお金を落としてくれる大事なお客様でもあるので大事にするべきだと思います。お互いの尊重関係が大事です。

よく「海はみんなのものだからビジターにも波に乗る権利がある!」とルール無視で入る方がいらっしゃいますが、ごく普通に考えて、長い時間その海の近くで過ごし、考え、行動してるサーファーに対しては感謝の気持ちを持って接するべきだと思います。また、「上手ければ平気」という考え方は危険です。海外などでは世界的に有名なプロサーファーであってもローカルにボコボコにされてしまうことが普通にあります。サーファーである前に一人の人間性が問われます。

行こうと思ったポイントの情報は集められるだけ集めておく!

ローカルポイントにあった立て看板前から行こうと思って予定していたポイントであるならば、集められるだけの情報は事前に集めて行くべきだと思います。現代はインターネットという便利なツールがありますから、ポイント名を検索すればいくらでも情報は出てくると思います。集める情報は何でも良いと思います。「あ、ここは潮干狩りしちゃいけないんだな」とか「干潮の時は浅くなって岩が出るんだな」「駐車場にシャワーがあるんだ」などなど。

いろんな情報を合わせるとそのポイントがどんな特徴を持っているか理解が深まります。こういった情報収集が、実際に訪れた際に想像以上に役立ちますので是非やってみてください。そのポイント近くのサーフショップのブログなどは一番多くの情報が得られますのでチェックしてみると良いです。

情報ゼロ!本気で初めて来たポイントは空気を読みまくれ!

サーフィンをしてると、波を追っていたらたまたま見つけたポイントということもあると思います。これだけの情報社会ですので、例え無人島であったとしても、日本にシークレットポイントなど存在しません。そのポイントには必ずと言っていいほどローカルサーファーがいるはずですので注意が必要です。事前に何も情報が得られていない場合は「観察して空気を読む」ことがとても重要です。駐車場の位置、カレントの向き、ブレイクの仕方、ピークのメンバーなど。じっくり観察したり、ローカルサーファーに尋ねるなどして決して自分勝手な判断はしないことです。

【筆者の経験談】 東北のポイントに行った際の話ですが、海に入っていたらローカルらしきサーファーが「車を停め直せ」とわざわざ海上まで来て言ってきたことがあります。なんちゅー理不尽な話か!と怒っていたら、わかりにくいのですがそこは私有地になっているらしく、ローカルサーファーと地主で停めないという約束になっていたそうです。後から「悪いなあんちゃん、あんがとよ」とローカルサーファーがお礼を言ってきて、ピークの場所を譲ってくれました。

いきなりピークに行くのは最悪のマナー違反!

ローカルサーファーをチェックローカルサーファーとビジターサーファーの間で一番揉めるのは「空気を読まないビジターサーファーがいきなりピークにやってきて波に乗ろうとする」ということです。サーフィンには見えないリズムがあります。1本目をAさんが乗って、2本目はBさんが乗って、3本目は波を待ってたCさんが乗って・・・みたいなそんな感じです。そういったリズムは必然的に、毎日サーフィンしてるようなローカルサーファーが熟知していて、それでストレスの無いサーフィンが守られているのです。

ビジターサーファーはまずピークをはずした場所で波待ちしながらそのリズムをよく読んで、「あ、これは波数からして入れないな」と思ったらその時は遠慮するべきだと思います。そこを無理して参入してゆくようなサーファーが大抵トラブルメーカーです(ちょっと乗れるようになった中級者が多い)。「また今度入らせてもらった時に乗れたらいいな」くらいで、違うピークを狙いましょう。そういうサーファーの方が断然クールで格好いいです。

揉めるサーファーってどこへ行っても揉めてる(-_-!)

昔一緒に行ってたサーファーの先輩がいたのですが、この先輩って3回に1回くらいの割合で海で揉めるんですよ。当時は気づきませんでしたけど、こういったビジターの心得がゼロでしたね。ロングボードでショートがひしめくピークのアウトからパドルしてきて乗れないとか、波待ちしてる上手い人の前を無意味に何度も横切ったり「そりゃ揉めるわ」って感じでした。自分は初心者でしたけどさすがに危険を察知して一緒に行かなくなりました。その後、千葉北の某ポイントでローカルに囲まれてボコボコにされかけて鎌倉に移住してしまいました。今では笑い話ですが、揉めるサーファーはどこへ行っても揉めます。逆に揉めないサーファーはどこへ行っても揉めない。この差は「謙虚さ」と「観察力」なのではないでしょうか?まとめて言うと「人間性の問題」ですね。サーファーである前に「紳士&淑女」でありましょう。

お邪魔させていただきま~す という謙虚な気持ちが大事なんです