サーフィン@マガジン パスポート要らずの南の楽園♪
沖縄でサーフィンしよう! surf-5
 Yahoo!ブックマークに登録


帰りの時間まで、那覇市内の沖縄国際通りを攻めてみる!


那覇空港   ゆいレールの時刻表
那覇空港には大型ロッカーがあるので(有料300円くらい)早めに空港来てロッカーにぶち込んだら、モノレールで那覇市内に出て買い物したり食事したりすることが可能です。   空港から那覇市内までは約15分程度。モノレールの駅も空港直結なので歩いて5分。羽田みたいに面倒臭くないので積極的に使って遊び倒した方がお得です。

沖縄国際通り   アイランドブラザーズ
モノレール(正確にはゆいレールって言うんだけど)で「県庁前駅」下車、徒歩3分で国際通りの入り口。ここから約800mくらいが国際通り。沖縄チックなお土産からグルメツアーまで楽しめます。   国際通りの中にはサーフショップ「Island Brothers」さんがあります。サーフボードとか本気ギアは置いてなくて、主にウェア類ですね。


島とうがらし   シーサーのTシャツ
歩いてると分かるけど沖縄の一押しは「ゴーヤ」と「沖縄そば」そして「波人Tシャツ」。関東でこれ着てるとちょっと恥ずかしい部類になってきたよね。ここが発祥地だったのか~という笑いも頂ける。   ゴールデンエッグスとシーサーのコラボTシャツ。こういう中学生が喜びそうなグッズが山ほどあります。沖縄は中学生の修学旅行先に人気だそうです。当日は岡山の中学生が来てました。

2時間遊んで空港戻っていざ東京へカムバック!
参考までに沖縄・那覇空港のJALラウンジでは無料で無線LANが拾えます。速度は3Mpsくらいです。羽田みたいなPCデスクは無いので、適当な電源そばのコーナーを陣取ってパソコってください。


空の上から眺めた雲   羽田空港のカツカレー屋さん
国内と言えども飛行機で南の島へ向かうわけで、旅の醍醐味はやっぱり「雲の上からの景色」を堪能することですかね?いつ見てもワンダホゥ♪   片道2時間ちょいで羽田に帰れるのも沖縄ならでは。羽田に着いたら定番のカツカレー・・・食べてる最中に地震が!グラグラグラ・・・参ったねこりゃ

土曜日の早朝出発して、日曜の夜に帰る沖縄サーフィン弾丸ツアー!
アクセスがいいだけあって、移動の疲れは全く感じませんでした。
言葉も95%通じるし、食べる物も安心して食べられる。(安いしね)
何よりも癒やされるのは温暖な気候と青い海♪
マイレージ溜まってる人達には本気でお勧めの大人の遊びです。

でもぶっちゃけ、沖縄でサーフィンするのはあんまり期待しちゃいけません。
本気でサーフィンだけしたいなら奄美大島とか宮崎行った方が良いと思います。
波が立ったらサーフィンすればいいや!ぐらいの気持ちがちょうど良いと思います。
なのでボード持参で張り切るよりは、手ぶらで行って波が立ったら借りた方が良いです。
分厚いロングもあるし、普通にみんなが乗ってるいい板もありますので。

ローカルのきついポイントでショボショボサーフィンするくらいなら
思いっきりビジター歓迎なみゆきビーチでサーフィンしてみてはいかがですか?


最後に今回取材に協力していただきましたシーナサーフの皆様、社長様、
連日のようにガイドしてくれた「伝説のチャリサーやなっち」に感謝を込めて





←波が無かったらどうするか? /  ファイナルシーサー


サーフィン波情報 サーフィンスクール サーフィン動画 サーフィンショップ サーフィン大会 サーフィン初心者




Copyright (C) 1999-2011 AT-magazines Corporation. All Rights Reserved.  サーフィン@マガジン  ←トップに戻る