中古サーフボードは意外に狙い目!ロングボードが2万円?

先日千葉みなとのユニクロへ行ったついでにハードオフを覗いたら、中古サーフボードがズラ~と並んでおりました。全部で25本くらいありまして、ほとんどは旧式なんですが、中にはアルメリックの板が1枚あったりして、傷もなくサーフボードとしては十分活躍できる物ばかりでした。店員さんはどのブランドが人気とか分からないらしく、アルメリックも旧式ボードも同じ値段で売っていたことにびっくりです。

ぶっちゃけ、初心者のうちはいきなり高価なサーフボードを購入して大事にするよりも、中古ボードをあれこれ乗って、しっくりくるボードを見極めた方が上達は速いと思います。かく言う自分も最初に買ったボードに3年乗り続け、たまたま友人に借りたボードに乗った時に「なにこれ?超乗りやすいんだけど!」みたいな驚きからいろいろ乗ってみるようになった次第です。

話を戻しましてハードオフで売っていたボードはマイナーブランドばかりですがどれも普通に乗ることができるでしょう。多少の破損はリペアして乗るとして、ボード全体のゆがみやフィンボックスのぐらつきなど致命的な損傷が無ければ初心者は買いだと思います。なんせフィン付きでショートボードなら1万円から売ってますし、ロングボードでも2万円台で買えてしまうんですよ。一夏のお試しとしては十分なコストパフォーマンスです。

初心者のみならず、中上級者にもこうした中古ボード散策はお勧めです。海沿いのショップなどではチームライダーが乗ってたコンペモデルの中古ボードなどが4万円台で売られていたりします。僕も昔、5000円で売られていた中古ボードを買った事があります。なんとなく形状が気に入って買ってみたのですが乗ってみたら凄く楽しくて、3万円かけてリペアしました。オンフィンをFCSに変更したりしたのでリペアというよりはレストアですね。そのボードは今でも大切に乗ってます。そんな感じで自分なりのマジックボードにはいつどこで出会うか分からないものなので、あれこれ乗ってみることを強くお勧めします。

中古サーフボード