ビジネスは製造・賃貸・代行しかない

いや~すっかり春っぽくなりましたね。今日なんてセーター+ダウンベストだけで過ごせました。車で走ってても気持ちがいいし、こういう日は仕事もはかどるな~♪

ということで今日はビジネスの話です。通常こういう話は本業であるWEBデザイナーのブログで書くのですが、最近のサーフ業界は閉店やら撤退が多いので、これから起業してみよう!と思ってる人達向けにヒントを与えようと思います。

ビジネスはよく「ヒト・モノ・カネ」と言われますけど、まーはずれてはないです。この3つが無いと経済活動は動きませんから。でも古い・・・。今日のお話はこういう元素の話では無くて「組み立て方のお話し」です。

社会のニーズ(要望)から全ては生まれる

何のビジネスをしようかな~?と思ったらまず真っ先に考えるべきは「社会のニーズ」です。「どんなサービスがあったら便利かな?」とか、「どんな事をしたら喜ぶかな?」とか、そういった消費者のニーズなくして商売は成り立ちません。そのニーズに対して的確なサービスや商品を適正価格で提供すればビジネスは成立するわけです。

さて肝心のビジネスをどう組み立てるかですが、難しく考えがちですが実はもの凄く簡単です。ビジネスというのは分類すると「製造」「賃貸」「代行」しかないんです。この3種類の組み合わせ+「販売」=ビジネスです。

例えばサーフショップは「製造」に思えますが、実は「代行」です。メーカーが作った商品をお客さんの手の届く場所に持ってきて並べて「販売」してあげているのです。「販売」だと勘違いしてるお店は・・・売れません。代行業なわけですからきちんと説明しなければ売れないのです。

http://www.irasutoya.com/サーフメーカーはもちろん「製造」ですね。これは分かりやすい。

サーフィンスクールは「製造」+「賃貸」です。「サーフィンをしてみたい!」という人達に対して場所や道具を貸して、上手くなる方法を作って販売しているわけです。ここを勘違いしてるスクールはリピーターや紹介獲得に至らず、ブームが去れば撤退をよぎなくされるわけです。伸びてるスクールはお客さんを確実に上達させたり、サーフィンの素晴らしさを体感させる方法論を製造しています。

では少しサーフィンから離れて、サラリーマンはどうでしょう?サラリーマンは会社に雇われて会社の目標達成の為に従事します。本来会社がやらなければいけない事を、サラリーマンの時間と能力を貸してお給料をもらっているのです。なのでサラリーマンは「賃貸」+「代行」ビジネスなのです。お客さんは社外ではなく実は社内なのです。

政治家はどうでしょう?政治家は「代行」です。国民から票を預かり法律や制度を整えて実行する代行業なのです。裏で良からぬ物を製造して販売してる政治家もいますけどねw

芸能人はどうでしょう?芸能人はいくつかに分かれます。芸人さんはネタを作って販売しますので「製造」。モデルさんは自分の容姿をレンタルしてるので「賃貸」。俳優は役を演じているので「代行」+「賃貸」です。

とまぁこんな感じで、全てのビジネスはこの3種類の組み合わせなんです。

  1. 社会のニーズを探す
  2. 製造・賃貸・代行の3種類を組み合わせて商品化する
  3. 適正価格で販売する

これだけでビジネスは生まれるのです。これからのサーフ業界にはどんなビジネスが必要とされているのでしょうね?サーフショップは今まで通りの経営で稼げるのでしょうか?他者と同じ事を真似ているだけでは確実に先細りになります。不景気な時代を生き抜くにはヒトモノカネよりも発想力と行動力の方が重要かもしれませんよ?

Let’ get wet!