ホンダのN-VAN試乗してきた感想

社用車にN-BOXを購入しようと検討していたら
「夏にN-VANが発売されますよ」と言うので待ってました。
そろそろ車が必要なので、燃費のいい車を探してます。
N-BOXはリッターあたり約20kmくらい走るので
ガソリン価格が高騰してる今は間違いなく買いでしょう!

ということで、今日ちょうど時間ができたので早速行ってみたら
ナンバー付けたてのN-VAN発見!
早速、営業マンにお願いして中を見せてもらいました。

乗った感じの全体的なイメージはN-Boxとほとんど同じです。
インパネ周りは商用車らしくシンプルな感じ。
何よりも違うのはシート。
運転席は違和感無い程度に座り心地は良いものの
助手席や後部座席なんかは座り心地よりも折りたためることの方を重視らしく
バン特有のドフラットシートです。

これはいい!即購入だな…♪
と思って見積もりとってもらっていたらなんと、
ターボ付きは今から申し込んでも納車は11月
ターボ付きでなければ9月! 遅っそ!
どちらにしてもすぐ乗れないらしいです。
この時点で買う気消滅…

と思っていたら察した営業マンがすかさず
「試乗してみますか?」と声をかけてきたので試乗してみることに。

ドアの開閉音は10年前のベンツと同じくらい重厚。ドムンッ!
走り出しはスムースで、加速も違和感ゼロ。
平地だらけならターボじゃなくても全然平気な感じです。

気になっていた静寂性は軽自動車にしては高い方かと。
走りながら普通に会話できますが、
やはりロードノイズは低減したとは言え気になります。
まぁ、この前にインプレッサ乗ってましたけど
それと変わらないくらいのロードノイズです。
もうこれはタイヤがどうのというよりも道路が悪いのかと。
道路のつなぎ目のガコンはやっぱりうるさい。

見積もりしてもらった結果はナビなんかも付けて総額220万。
今どきの軽自動車としては標準価格みたいですが、
47才の俺には「軽自動車にしては高すぎる!」という印象。
120万くらいでこれだったら即日即決なんだけどな。
残価設定ローンという手もあるけどその手は桑名の焼き蛤。
男は黙って通常ローンですよ。

バンの良さは荷物が大量に積めるということ
N-VANは助手席側がピラーレスなのでサーフボードなども楽々です。
完全フルフラットになるのでここで寝ることも可能。
サーフィンには最適な車かも知れません。
これでエンジンかけなくてもエアコン効いたら
サーファーの間で一大ブームが起きるくらい革新的なんだけどね。

ちなみにバンは4ナンバーなので税金は安いけど初回車検は2年です。
タイヤも貨物用のタイヤじゃないと車検が通らない
というデメリットはあるものの、
この手の軽バンは商用中古車の需要が異常に多いので
リセールバリューも半端なく良いのでメリットの方が多いかも?

唯一の難点は納車までの期間が長すぎることかな。
商用車って言うのはすぐ欲しい!んだから
そこんとこ考えて在庫準備しておいて欲しかった。
ホンダの受注生産体制にがっかりしてしまいました。
すぐに欲しいので購入はしないだろうな…ざ~んねん