サーフィン@マガジン
  1. HOME
  2. サーフィン初心者講座

加速する方法

大きな波の場合、重力があるので、サーフボードは下に向ければ自然と加速します。この場合の「大きな波」というのはボードの長さより大きな波のことを言います。ショートボードであれば2m以上の波高であれば真下にも斜め下にもどちらにもボードを下に向けられるので自由な加速が望めます。

サーフボードを横に走らす加速が難しいのは小さな波です。サーフボードを下に向けることが困難なため、横向き(正確にはやや斜め下向き)の小さな重力から加速を生み出さなければなりません。このとき使われる技が「アップス&ダウンズ」というテクニックです。ボードを斜め下向きに構え、前足に体重をかけたり抜いたりしてジグザグに走向して加速をはかります。ヒザを柔軟に曲げ伸ばしし、小刻みにボードを上下させる為「アップス&ダウンズ」と呼ばれています。初心者にはやや難しいので中上級者向きかも知れません。

アップス&ダウンズのコツ
テイクオフからすぐに横にボードを走らせたらすぐにアップス&ダウンズに入ります。このとき腰のヒザを曲げて低い位置を保ちます。前足荷重で、体全体で荷重するのではなく、ヒザの屈伸運動だけで荷重、抜重をするのがコツです。上手にできていると、腰から上の位置が動きません。ボードをパタパタするのではなく、レールを食い込ませたまま上下動させるのがスムースな加速を産むコツになります。

動画協力:エンジョイサーフィンスクール

減速する方法

加速とは逆にサーフボードのノーズ(先端)を上に向ければ自然に減速します。後ろ足に体重をかけ、テールを沈めると減速します。大きい波の時は一気に減速し過ぎると波に飲まれて危険なので、徐々に減速するか、レールに体重をかけてリップに向かって昇ればある程度減速できます。

カットバックのやり方

大きな波で加速し過ぎると、波のピークより先に飛び出してしまうときがあります。こうなりそうな時に一度ピークに戻る技をカットバックと言います。加速し過ぎたと感じたらボトム側(低い方)に大きく弧を描いて180度方向を転換し、波のリップ(頂点)に向かって昇り、リップにボトム(ボードの裏側)を当てて再び180度転換し、ピークを維持します。スピードコントロールの大技ですので、レール荷重がしっかりできた中級者以上のテクニックになりますが、これができると相当格好いいです。カットバックのコツはスピードと深いレールワーク、ヒザの柔軟性です。

ロングボードのカットバックは難易度A
ショートボードの場合、レールワークで小さな弧を描けますが、ロングボードの場合のカットバックはテール側に思いっきり重心を寄せ、ノーズを浮かせながら最小弧を描いてカットバックします。ボードのテール側半分だけのレールを使ってターンする感じです。また、ロングボードは長くて重いので、波のピークにボトムを当てて切り返すのがとても難しいので、ロングボードのカットバックは難易度Aクラスの技です。もしもやってる人がいたらかなりの上級者かも知れません。