サーフィン@マガジン
  1. HOME
  2. サーフィン用語

た行のサーフィン用語

  • ダッグ・ダイヴ(duck dive) - 波の下へ潜って来る波をかわす、沖へ出る時の技。 海外ではこちらが一般的。日本語だとドルフィン・スルー。
  • タッパ(tapper wear) - 半袖の上着型ウェットスーツ。
  • ダ・フイ(Da Hui) - 正式名称は“Hui O He’e Nalusurf club”。1975年ハワイ・オアフ島のサーファーやライフセーバーたちによって設立されたハワイ語で「波乗りたちのクラブ」と名付けられたクラブ。
  • たるたる - 波がボヨボヨしてて乗りづらそうな波のこと。
  • ダンパー(dumper) - 横一線で一気に崩れる波の事。
  • タンデムサーフィング(tandem surfing) - 2人乗りでサーフィンすること。ロングボードテクニック。
  • チーター・ファイブ(cheetah five) - ノーズに片足を出すロングボードの技。ハングファイブの手前。
  • チャンネル(channel) - 岸から沖に向って流れる潮の流れる場所。
  • チューブ(tube) - 波が巻いている状態。
  • チューブ・ライディング(tube riding) - サーフボードでチューブの中に入る事。
  • チョッピー(choppie) - 波面が風などによってザワザワしていること。対比語=グラッシー
  • チョットバック - 不発のカットバック。少しだけカットバックした不完全技。
  • チンクイ虫 - 海パンの中に入ってきてチクッと噛みつく小さな虫なのでそう呼ばれているが、ゾエアと呼ばれるエビやカニ、ヤドカリなどの甲殻類の幼生。
  • ツインフィン(twin fin) - フィンが2枚ついてるサーフボード。
  • 釣られる - 波乗り最中に釣り師に釣られてしまうこと。糸が引っかかる。
  • テイクオフ(take off) - サーフィンの場合は波に乗る瞬間。立ち上がった瞬間。
  • テール(tail) - サーフボードの後端部。対比語→ノーズ
  • テールロッカー(tail rocker) - サーフボードのテールの反り。
  • ディング(ding) - サーフボードのへこみ傷。
  • テケテケ - サーフィンはじめたばかりの初心者のこと。ベンチャーズのギター音「テケテケテケテケテ・・」というやつから来てるらしい。
  • デッキ(deck) - サーフボードの表面のこと。船の甲板をデッキと呼ぶところからきてるらしい。
  • デッキパッド(deck pad) - サーフボードの表面に貼る、スポンジ状のすべり止め。デッキパッチとも呼ぶ。
  • トップ(top) - 波の上の部分。
  • トップターン(top tur) - 波の上の部分でするターンのこと。
  • 魚雷 - ワイプアウトした際に板がすっ飛んでくること。
  • ドライスーツ(dry suit) - 袖口や足首、首回りなどがきつく閉まっていて、ウェットスーツ内部に一切水が入らない仕組みになっているスーツのこと。濡れないのでドライ。中にはTシャツなどを普通に着れる。極寒サーフィン用。
  • トラック(track) - 波乗りした軌跡。同意語=マニューヴァ
  • トリミング(trimming) - 波のパワーが小さいときに加速を目的としてアップス&ダウンを小刻みに行う技。パタパタとも呼ばれる。
  • ドルフィンスルー(dolphin through) - 波の下へ潜って来る波をかわす、沖へ出る時の技。 日本独特の呼び方で、海外ではダッグダイブと言う。
  • トロ厚 - トロ~ンとしていてゆっくりした波のこと。高さもあまりなく厚みがある波。
  • ドロップ・イン(drop in) - 波に乗ってるのに前から乗ろうとすること。前乗り。
  • ドロップ・ニー(drop knee) - 片膝をついて乗るボディーボードの技。
  • ドロップ・ニーターン(drop knee turn) - 後ろのヒザを曲げたまま曲がるロングボードの技。